知的障害のある大人のための障害者施設の特徴

障害者施設ってこんなところ
大人が対象の知的障害者施設の特徴

大人が対象の知的障害者施設の特徴

様々ある障害者施設の中でも、大人が対象となる知的障害者施設の特徴をここでは紹介します。知的障害者施設は知的障害のある人が様々な支援とサポートを受けるために利用する施設の総称となり、小さい子供や大人までを対応する施設はまた別の施設となることが多いです。

LINEで送る

対象が大人の知的障害者施設サービス

大人を対象とする知的障害者施設で受けることができるサービスやサポートは訓練等給付と介護給付の大きく2つです。訓練等給付は食事や生活を含めて自立した日常生活を送るための訓練を受けることができます。介護給付は主に夜間などの日常生活に関する支援や緊急の対応をしてもらうことができるサービスとなります。
これら2つの障害者福祉サービスの他にも、地域生活支援事業によって運営されている多機能事業所ではさまざまなサービスが提供されています。一概に知的障害者施設と言っても、運営している事業者や団体によってはサービスも異なりますので、その施設がどのようなサービスを提供しているのかをよく知ることが職場選びや入所選びには重要になります。

通所施設のサービス

知的障害者施設の通所タイプである通所施設のサービス内容について紹介していきます。通所施設は主に訓練の場として利用されるものが多いです。自分らしい生活を考えるためのヨガやダンスといった、趣味につながるものを探せるようなプログラムを提供する施設もあります。簡単な作業を通してソーシャルスキルを訓練するなども一般的なサービス内容と言えます。
知的障害だけでなく身体障害を合併している場合には、リハビリの支援を受けることもできます。理学療法を含んだ自立訓練を行う場合にはこの機能訓練のサービスによって機能改善を目指します。基本的には生活訓練と機能訓練は通所施設のメインと言えるサービスになります。

入所施設のサービス

入所施設の一般的な知的障害者施設と言えるのは宿泊型自立訓練事業所となります。障害者総合支援法に定められた自立訓練対象者の中で、日中にも障害者福祉サービスを利用している人が対象となります。入所タイプなので夜間の居住場所も提供している施設となります。
食事や家事などの日常生活能力を向上させるために、施設の職員からのサポートを受けながら掃除などを行います。また食事や家事だけではなく日常生活に関する相談なども行うことができ、日中のサービスと併用して自立に必要なサポート全般を受けることができる施設となります。

障害者施設とは

サービス提供責任者として障害者施設で働いてきた私が「障害者施設ってこんなところ」と紹介しているサイトです。障害者施設に関するご質問などがあればお気軽に連絡ください。disabled_facility_what@yahoo.co.jp