障害者施設のサービス提供責任者の仕事と役割

障害者施設ってこんなところ
「サービス提供責任者」について

「サービス提供責任者」について

障害者施設で働いている職種の中でも、個別支援計画などの立案やサービス全体を管理していくことになるサービス提供責任者の仕事について説明します。サービス提供責任者の仕事内容とその役割についての詳細を知りましょう。

LINEで送る

業務内容

サービス提供責任者の業務内容は、サービスの質の向上や事業の推進、効率化に関わることなど多岐に渡ります。提供するサービスの管理者でもあり責任者でもあるので、利用者それぞれとの面接やアセスメントを行っていきます。個別支援計画が適切であるかどうかについてのモニタリングや、個別支援計画から提供するサービスがぶれていないかを都度確認することも仕事になります。
また利用者だけではなくその家族ともコミュニケーションを取り、利用者の支援計画に関する説明なども大切な仕事になります。施設スタッフの管理や指導も行い、他の職種の人とも会議や連絡を行う中枢を担う職種と言えます。

役割

サービス提供責任者が担う役割のメインとなるのは、やはり個別支援計画の作成です。個別支援計画の作成は、まず利用者がどのような障害を持っているのかを把握し、今後どのようになっていきたいのかという本人の希望を理解することから始まります。そしてこれらのヒアリングを基にして利用者の目標を設定して管理していきます。
個別支援計画を作成するためにはサービス提供責任者は保護者との面談も行いますし、利用者だけではなく保護者や家族の状況や相談に至った背景なども踏まえてアセスメントを行います。個別支援計画の原案ができれば担当者会議を行って、より計画が本人や家族の希望に沿ったものに修正します。
個別支援計画ができれば、利用者本人とその家族や保護者に対して説明を行って了承を得ます。利用者と家族の了承を得た段階で個別支援計画が完成しますので、そこからは計画に沿ったサービスが行われているかどうかを確認していく役割となります。
計画に沿った適切なサービスを行っていくために、チームのマネジメントを行い従業員のスキルアップに関する企画を立案することも役割のひとつです。また、他分野と協働して包括的なサポートを行っていくための環境づくりも行います。サービス提供責任者のサポート対象は、利用者はもちろんのことその家族や保護者、従業員でもあるのです。事業所全体をまとめ、それぞれにより適した対応を行っていくよう計画・管理するのがサービス提供責任者です。

障害者施設とは

サービス提供責任者として障害者施設で働いてきた私が「障害者施設ってこんなところ」と紹介しているサイトです。障害者施設に関するご質問などがあればお気軽に連絡ください。disabled_facility_what@yahoo.co.jp